MENU

今、企業の経営のスピードアップが必要とされる理由とは

全国的に、今、企業の経営のスピードアップが求められている理由は、どのようなところにあるのでしょうか。これまでは、日本国内の企業の一部には例外がありますが、トータルで見ると、とくにスピード化が行われる状況ではなく、むしろぬるま湯に浸っているような状況でした。

 

多くの企業が公的な規制や業界による自主時名規制、従来の商慣習、業界の横並び体質などの影響が強く、表面的な競争のみ行われていた業界も多いようです。損益計算については、連結会社や含み資産などを駆使することによって、シンプルな操作でスムーズに行われていたものです。

 

このような状況から、企業の経営者はとくに経営の舵を取る必要はなく、これまでの延長上での経営が十分に行われていましたが、経営者にとっては企業の「ムラ社会」を調整する役割やそのための機能が求められていました。

 

ところが、近年は不景気が長期化しており、経済成長が著しく低く、規制緩和や経済のグローバル化など、急速な市場の環境の変化により、従来のような価値観を持った延長経営では、時代の流れに見合わなくなり、適応できない企業が次々に増えてきました。

 

市場の変化にいち早く対応するとともに、新しい経営戦略を次々に打ち出さなければならないような状況になっている企業も多くみられます。企業の経営のスピードアップを図るために、商品開発のスピードアップ、ロジスティクスのスピードアップ、そして意志決定のスピードアップなどが、今後の企業の変革の柱となります。

 

■経営に必要なERP型の業務システム
生産管理システムBiz∫SCAW